HOME >  便秘に効果的なアイテム&解消法を検証 >  ミネラルウォーター

ミネラルウォーター

このページでは、便秘に効果的な水分の摂り方について説明しています。

水より効果的な便秘解消アイテムも?ランキングはコチラです

ミネラルウォーターが便秘にいい理由とは?

便秘の原因は人それぞれですが、水分不足から便が硬くなってしまうことも少なくありません。

人が水を飲むと、まず脳や肝臓、腎臓など、体内で優先的に水分を必要とする場所へ行き渡ります。そのため、水分量が十分でないと腸までは届きません。そうした状態が長く続くと、便に適度な軟らかさがなくなり、腸内にたまってしまうのです。

便秘に効果的なミネラルウォーターの種類

便秘対策には、水分補給が欠かせません。しかしそれは、ただ単に水を飲めばいい、というわけではありません

水には硬度というものがあります。これは、その水に含まれるマグネシウム塩やカルシウム塩の濃度のことです。一般に、硬度が120以下の水を軟水といい、120以上の水を硬水といいます。

便秘には、軟水よりも硬水のほうが効果があるといわれています。

硬水に多く含まれるマグネシウムは、便秘薬にも使われている鉱物で、腸内の水分をコントロールして便を軟らかくしてくれます。

また、硬水には、「サルフェート」という、利尿作用や便通を良くするミネラルも含まれています。これらが腸の調子を整え、便秘の解消を促してくれるのです。

硬水の中でも、特に便秘に効果的、と注目を集めているのが、「コントレックス」です。これはフランス産のミネラルウォーターで、「コントレックスさえ飲んでいれば食事はいらない」、という噂がまことしやかに囁かれるほど、ミネラルが豊富に含まれています。
前述したマグネシウムやサルフェートも多量に含まれており、便秘解消への確かな効果が期待できます

ただし、日本では地質的な理由から、ほとんどの地域で軟水しか摂れません。このため、硬水の大部分はヨーロッパなどから輸入されています。

日常的に硬水を飲んでいる欧米人と違って、日本人の身体は、硬水を受け入れる用意ができていません。いきなり硬水をがぶがぶ飲んでしまうと、お腹を下してしまうことがあります。

硬水への適応力には個人差がありますので、便秘対策として用いる場合には、お腹の調子を見ながら、少しずつ慣らしていくなどの工夫が必要です

便秘におすすめのミネラルウォーター

コントレックスコントレックス

  • 特徴
    フランス・ロレーヌ地方にある山脈近くの水源地「コントレックスヴィル」から湧出している、硬度およそ1468という、超硬水です。マグネシムの含有量は、500mlで、アーモンド9粒分(約35mg)に相当します。上で説明したように、マグネシウムは便通を促すので、便秘解消にうってつけのお水です。また、ダイエットなどで不足しがちなミネラルを補給するためにも、とても有効です。
  • 希望小売価格
    1セット(ボトル) 内容量24本(500ml×24本)…4,935円
  • 輸入元
    ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市)

ペリエペリエ

  • 特徴
    南フランス産の炭酸水。炭酸には腸を刺激して、便通を促す作用があります。以前、「ペリエが便秘に効果的」、と女性ファッション誌で紹介されたこともあります。わたしが日本人だからだと思いますが、デザインもなんとなくオシャレで、見栄えがしますね。
    ただし、炭酸水は、お腹にガスがたまっていることが原因の便秘だと、かえって症状を悪くしてしまう恐れがありますので、飲む際には注意が必要です。
  • 希望小売価格
    1セット(瓶) 内容量24本(330ml×24本)…5,460円
  • 輸入元
    ネスレ日本株式会社(兵庫県神戸市)